« 2016年5月22日 | トップページ

2016/07/25

心房細動と、その手術レポート

昨年秋、心房細動という不整脈が発覚し、手術することになりました。
それまでのいろいろを、まとめておこうと思います。
ぼくと同じように心房細動になったひとの役にたちますように。

■心房細動が発覚したのは
9月の健康診断のときだった。心電図で不整脈が見られて、典型的な心房細動のカタだと言われ、直ちに循環器内科に行くように言われた。
「循環器内科」で近所を検索したら、こだま内科という病院が良さそうだったので、そこに行くことにした。
http://www.kodamanaika.jp
結果的には、このこだま先生が、丁寧でわかりやすくて、本当にお世話になった。
循環器内科の先生としてテレビに出るような先生だった。
//余談だがこのこだま内科、土日も夕方まで開院しているので、ほんとうに助かった。
ほかの急な病気でもお世話になっています。


■心房細動という病気
不整脈のひとつで、心臓の脈が乱れる。心房細動自体は直ちに死に至るという病ではない。
怖いのは、心臓が不定期に脈打つことで、血栓という血の塊が 心臓の中で出来やすくなるので、その血栓が脳の血管に行ったとき脳梗塞になるということだ。
心房細動がない人とある人では、脳梗塞の可能性が5倍違うという。
ジャイアンツの長嶋茂雄の脳梗塞は、心房細動が原因で、心房細動の怖さを例えるために、どのお医者さんの口からも「長嶋みたいになる可能性がある」と言われた。
心房細動はそんなに珍しい病気ではなく、とくに70歳以上の男性によく見られる病気だそうだ。


■心房細動の原因は
よくわかっていないらしいが、最近の研究では、ストレスや太り過ぎ、お酒ののみすぎなど諸説あるそうだ。
ぼくのばあいはその全部に当てはまるので、ぐうの音もでない。
予防としては、太り過ぎやストレスに、悪いお酒が重ならないようにすることなんだろうと思う。
最初に慶応病院に行ったときに、研究用のアンケートに協力してほしい とのことで、上記のようなことの頻度を聞かれた。


■心房細動の治療と手術
●薬と影響
心房細動になった場合、一番怖い脳梗塞予防のために、すぐにワーファリンやイグザレルトという薬を処方される。
これは血液を固まりにくくする薬で、血栓をできにくくするためのものだ。即処方される。
しかし、これらは心房細動を治療する薬ではない。
ほかに、心拍を遅くする薬もいくつかあって、やはり血栓ができないための予防だ。それらも合わせて処方される。
これらの薬を飲む以外は、とくに禁止事項はなく、お酒も飲めるし、運動もしてもいい。ただし心拍が上がらないのですぐに息切れする。
僕の場合フットサルやタッチラグビーを何度かしたけれど、とくに違和感はなかった。もともと激しく動いていたわけではないからだと思う。
やせようと思っても、運動ができないので、心房細動の原因のひとつをなくしにくい。
あと、値段の話。ワーファリンという昔からある薬は、とても安価だが、日に3回飲まなくてはならず、納豆などが食べられなくなる。それに対し、新しいイグザレルトという薬は、一錠150円ほどと高価だが、日に一錠でいいし食べ物制限などもない。ぼくは納豆食べたいのでこちらを選んだけど3週間ぶんで毎回8000円ほどの出費になった。

●心房細動の対処として、生涯薬を飲み続ける という方法もある。
年齢が70を超えているなど、手術に耐える体力がない場合などは、薬での対処ということもあるそうだ。
1990年くらいより昔は、手術ができない(むづかしい)病気だったので、ずっと薬を飲んで、出血に気をつける という方法だったらしい。

●心房細動は手術で根治できる
1990年以降、カテーテルやCTスキャンの目覚しい進歩で、開腹しない手術で治療ができるようになった。
カテーテルアブレーションという方法で、足の付け根と首の血管に、カテーテルという細い管を通し、心臓に直接治療をするという、信じられないような方法である。心房細動の原因を誘発している部位を焼いて消すということらしい。
動いている心臓に直接傷つけるなんて、聞いたときは本当に驚いたし、とても怖かった。
しかし、この方法の成功率は非常に高く、この10年で急激に手法も進歩したし、事故例も極めて少ない。
根治治療であるために、手術後は薬を飲み続けることもないし、そのほかの運動や食事の制限もとくに何もない。
また、開腹もしないし手術時間も短いため、体にも負担がかからない。手術の翌日にはシャワーも浴びれるし、その翌日に退院だ。実際手術を体験してみて、ほんとうにその通りで驚いた。
そのような手術なので、体力がある年齢のぼくは、手術を強く勧められた。
くわしい説明はhttp://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000399.html


■手術に対して二の足をふむ
でも、やっぱり、体に傷をつけるし、もともとあるものを焼いてしまう という心理的違和感で、すぐには手術を受けることを決断できなかった。
ずっと薬を飲めばいいんじゃないか?など、悩ましかった。
あと、手術の前の検査の、食道カメラや、CTスキャンするときの注射する造影剤も、得体が知れず怖かった。
採血だけで卒倒する怖がりなので、注射も点滴も食道カメラも全て怖かった。嫌だった。
なにより躊躇したのは、実はカテーテルよりも「尿の管を通す」という一文である。手術中、ちんちんに管を通して排尿を管理するという。めっちゃ痛い!と過去に体験した友達が言うので、恐ろしくて恐ろしくて。
しかし、マンを持して大学病院の先生に聞いてみたら、「あ、いまカップですよ」と言われ、ほんとうに安心した。なるほどたしかに慶応病院では、管ではなく、ちんちんにコンドームのようなものをかぶせて、そこからおしっこを取るようになってた。


■時間をかけられる、かかる。
心房細動自体は(薬での対処をすれば)火急の病気ではないので、手術のタイミングを自分で決められるので、よく考えて手術するか否かを決められた。
2月に紹介状をもらって大学病院にはじめて行き、そのときに手術のできる日が7月と言われたので、けっこう手術待ちの人は多いんだな、と思った。
その後、5月に意を決して手術を決断し、7月に事前CT検査、手術当日となった。だから大学病院には4回しか通院していない。
健康診断で心房細動が発見されてから、実に10ヶ月だった。
かかりつけの医院で、薬を処方してもらい、対処しながら、手術の決断をすることができた。


・・手術のレポートはまたこんど。

7月 25, 2016 帰国後雑記 | | コメント (0) | トラックバック (0)