« 寄付を躊躇してしまうのはなぜだ? | トップページ | 本で!映像で! 世界一周! »

2013/10/21

会社員生活10年、世界一周の経験が役立ったこと

今日は10/21。
実は、世界一周から帰ってきた僕は、10年前の今日、いまの会社に再就職しました。
10年前のぼくは、10年もこの会社にいるなんて、考えもしなかったし、
こんなにデザインの仕事ができるとも思わなかった。思ったよりも、エキサイティングな毎日でした。

振り返ると、世界一周の経験が、社会人/社会人復帰してから、じわじわ役に立ってきました。

会社の業務上で、世界一周旅行の経験(語学とか海外渡航術とか、渡航先数)が直接的に活かせる なんてことは、全くないですが、(海外出張で、緊張しない とかぐらい)
一番活かされたのは、
「相手の価値観を、わからなくても認める」
という発想だったと思います。

世界の国々にはいろんな人がいて、その国の常識や習慣があり、不文律やタブーがある。
そういうところで、「日本では…」とか「おれ的には…」みたいな話をしても全く意味がない。最悪、死んでしまう。
そんな中で、「納得は出来ないけど、理解しようとする」アプローチは
世界一周の中ではもちろん、
その後の社会人生活ですごく役に立ったと思います。

この10年、たくさんの人たちと仕事をしてきました。
それぞれに、考え方や価値観があって、大切にしていることがあります。苦手なことや、したくないこともあります。
主張があったり、趣味やこだわりや癖が あったり無かったり。
派遣社員だったり、外部の会社の人だったり、クライアントだったり立場もまちまち。
年上だったり年下だったり、性差もあるし、みんなの家族の状況もいろいろ。

そんな中で、同じ方向を向いて、いっしょに仕事していくときに、役立ったのが、
「納得は出来ないけど、理解しようとする」アプローチ。
これはじわじわ効いてきました。
全部の局面で出来たわけじゃないけど。


再就職してすぐの 昼休みあけの男子トイレ。
大きい方の部屋が全部ふさがっていたのを見て、入って3日で会社やめたくなりました。
なんで糞する時間までいっしょなんだ!! 
世界一周までいったのに、俺はこんな生活してまで、再就職しなきゃいけないのか?
なんか間違えてしまったんじゃないか?? なんて思いました。

10年会社員生活続けたのは、よかったのか悪かったのか わからないけど
でも、思った以上に楽しい10年ではありました。

10月 21, 2013 帰ってきてから日記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15372/58426857

この記事へのトラックバック一覧です: 会社員生活10年、世界一周の経験が役立ったこと:

コメント

But what they are all fighting for is something called mind share . Silky silicone models assist to reduced potential risk of wonderful close to internet backlink exhibits. If you think that statement is racist, send your response after you've attended an 'upper middle class' party, where everyone wore abercrombie and fitch, and polo shirts. Traffic is light and there's a sense that that street of my childhood dreams is still there. Shirts can run as low as $10 bucks and pants or skirts for as low as $15 dollars! Largesized people need to buy clothes too, and A should cater their needs to expand its market instead.

投稿: rbxxhoiptlq | 2013/10/28 23:51:33

ビジネス、維持し、必要に応じて、長い時間の後、アップグレードに必要な活動とどのようなあなたが見るには、現実的である。

投稿: friv 3 | 2014/05/16 12:30:29

コメントを書く